耐震構法・SE構法

 

耐震構法・SE構法

耐震構法・SE構法

SE構法とは、高品質のエンジニアリングウッドと、
高耐久・高強度のSE金物を組み合わせた、
国土交通大臣認定の木造建築の仕組みです。

阪神淡路大震災、新潟県中越沖地震から東日本大震災まで、
SE構法で建てられた家は一棟も倒れませんでした。
倒壊ゼロだったのです。

また、東日本大震災の10mを超える、
屋根より高い津波でも流されなかった木造建築。
それが、耐震構法・SE構法です。

SE構法の家

SE構法?

聞き慣れない「SE構法」という言葉。

一般的に、住宅を建てる工法として
・木造在来工法
・鉄骨造工法(軽量・重量)
・RC工法
などがあげられます。

木造在来工法

木造在来工法は、木材を削って組み合わせ、家の骨組みをつくります。しかし、それだけでは強度が弱いため、筋交い(すじかい)や耐力壁を入れて強度を高めます。それでも、限度がありますし、柱の間隔を広くできないので、広い空間をつくることができません。また、木を削って組み合わせるため、接合部の強度が低くなりやすい傾向があります。

その反面、加工がしやすく、多様なニーズに対応しやすいのは大きなメリットと言えます。断熱性能を高めるのも容易ですし、木のぬくもりには何物にも代えがたいものがあります。

鉄骨造工法(軽量・重量)

鉄骨造工法は、木のかわりに鋼材を使って、家の骨組みをつくります。
鋼材の厚みが6mm未満のものを軽量鉄骨、
6mm以上のものを重量鉄骨と呼んでいます。

軽量鉄骨では、木造在来工法と同じように、筋交いなどで強度を高める必要があります。

重量鉄骨では、基本的に筋交いなどは不要で、広い空間や大開口をつくることができます。
これを、ラーメン構造と言います。

RC工法

RC工法は、いわゆる鉄筋コンクリートです。
コンクリートの中に鉄筋が組んで強度を高めたものを、
家の主要な構造材として使います。
構造は、基本的にラーメン構造と壁構造となります。

こう見ていくと、
「木造より鉄骨やRCの方がいいのでは」と思えるのですが、
やはりメリットがあればデメリットもあります。

鉄は、熱の伝わり方が、木の500倍以上にもなり、
かなり気をつかって設計・施工しないと、光熱費の増大につながります。
また、多湿環境な地方では錆(さび)にも厳重な注意が必要です。

コンクリートは、暖まりにくく冷めにくい性質があります。
そのため、寒い夜などに冷め切ってしまうと、
朝起きてから暖房をつけても、なかなか暖まりません。

また、結露のしやすさも大きな問題になりやすいポイントです。

さらに、鉄骨もRCも木造と比べ、建築コストが高くなるのが痛いところです。

SE(えすいー)構法の家とは

では、SE構法の家とは、どのような家でしょうか。
一言で言えば、木材を使ったラーメン構造の家です。

ラーメンとは、ドイツ語で「枠」のこと。
柱(縦)と梁(横)で枠組みをつくり、その接合部はしっかりと固定します。
構造の強度が計算できるため、
大空間や大開口、自由な空間をつくるのに最適な方法です。

SE構法の家では、構造材に反りや割れのない高品質のエンジニアリングウッドを使い、
接合部には独自開発の高耐久・高品質な金物を用います。

在来工法のように、大きく木を削る必要がないため、
高い強度を保つことができます。

このおかげで、今まで木造住宅では難しかった、
ビルトインガレージや3階建ても、
ワンフロアを一部屋にするような大空間も、
南面のほとんどを窓にするような大開口も、
実現できるようになりました。

つまり、木造のメリット、重量鉄骨造のメリットを併せもち、
デメリットを最小限に抑えることのできる家。それが、SE構法の家なのです。

木の家プレミアムパートナーズ(ご紹介)

全国、わずか約60社。選び抜かれた工務店。

 「木の家プレミアムパートナーズ」は、SE構法施工登録店の中でも個性豊かな工務店が、
幾つかの重要な共通点で結ばれたネットワークです。
施主様の思いを適えるため、世界にひとつの木の家を創り上げてゆく志。
人を守り抜き、歳月を経てなお輝き続ける家のために、
しっかりした構法を選び、保証やリフォームで長くお付き合いしていくこと。

これらを実現する、健全かつ優良な経営基盤の、第三者的な証明。
すべてを持ち合わせた工務店だけが、あなたの家づくりのパートナーです。

自由宅工房は、木の家プレミアムパートナーに認定されていました。
(現在は都合で退会していますが復帰予定です)

家と環境を知りつくした、工務店と建てる。

家とは「買うもの」ではなく、「共に建てる」もの。

そうお考えなら、顔の見える工務店と建てるのがベストな選択です。
地域密着型ながら、全国屈指の腕を持つ、
そんな工務店と長い関係の中で家を育んでいくことが理想でしょう。

「資産価値のある家づくり」をテーマに、
構造強度を、住み易さを、美しさを、
妥協なくかたちにする「木の家プレミアムパートナーズ」。
そして、木の家が実現する「美しい暮らし」をご提供します。